着物を売る時に気をつけたいことはこれ!

着物を売るときに気をつけたいことをご存知ですか?

 

着物を売るとなったら、お店に持って行ってそこで買い取って貰おうと考える方は多いと思います。
ですが、実はその方法だと大きな損をしているかもしれません。

 

自分が予想していたよりも遥かに安い金額を提示されても、時間や交通費をかけてるし、それらを無駄にしたくない・・・。
そんな気持ちで仕方なくその値段で売ってしまったということはありませんか?

 

あまり言い方は良くないですがお店側もそういう事情を分かって足元を見てくるところもあるので、言われるがままの金額で着物を売るのは正直もったいないと思います。

 

少しでも着物を高く売りたい時には、あることをするだけで高く買い取ってもらえる可能性がぐんとあがります。
それが「比較査定」です。

 

比較査定とは、複数の業者に見積もりをして貰ってその中で一番高い金額を提示してくれたところに売るという方法です。

 

比較査定なんて面倒だわ・・・と感じる方もいらっしゃるかと思います。
ですが、今はわざわざお店まで行かなくても、インターネットで申し込みして売りたい品を送るだけで査定をしてくれる「宅配買取」という方法や、お店の人に家まで来て貰える「出張買取」という方法もあるんです。

 

着物は重さもありますしかさばるものですので、何枚も持っていくのは大変だったりしますよね。

 

さらに色々なお店に持って行くとなると、時間も交通費も労力も相当なものです。

 

ですが、宅配買取や出張買取なら家に居ながら簡単に着物を売ることが出来るので負担はかなり軽減されますし、気軽に利用することが出来るので、着物を高く売る方法として比較査定をするならこれらの方法が一番おすすめです。

 

宅配買取も出張買取も基本的に無料でやって貰えますし、見積もりして貰ったからと言って必ず着物を売ることが強制されるというわけでもないので、自由にキャンセルすることが可能です。

 

ですので、複数の業者に見積もりして貰って、その中で一番高く見積もりをしてくれたところに売るというのが気軽に出来ますよ。

 

着物を売る業者の選び方

宅配買取や出張買取で着物を高く売る方法を考えても、色々な業者があってどこに頼めばいいか分からなくなると思います。
着物の査定というのは専門性が求められるので、まずはきちんとした知識があって実績のあるところに査定をして貰うのがいいと思います。

 

よく「着物の買取可能」と謳っているところでも、実はあまり着物のことが分かっていなくて適当に値段をつける業者も居ますので注意が必要です。

 

インターネットで口コミなどの評判などを参考にされるといいかもしれないですね。

 

ただ、着物の査定における目利きがしっかりしている専門家が在籍しているようなところは宅配買取や出張買取を行っていないこともあります。

 

本当に高額な着物を売る場合は優良な老舗の着物買取専門店を複数当たって、その中で一番高い金額をつけてくれたところに売るのが着物を高く売る方法としてはベストです。

 

ここで注意して頂きたいのは、持ち込むのはリサイクルショップのようなところではなく、着物を専門とする買取店に持って行くということです。

 

リサイクルショップは着物以外にブランド品の洋服やアクセサリー、腕時計などのファッションアイテム、さらには家電や家具様々なアイテムを扱っているという性質上、査定をするスタッフも着物の知識が浅くて中古相場も把握していないことも多いです。
そのため、着物買取専門店では高く買い取ってくれるような着物でもかなり安い値段をつけられてしまうことがあるようです。

 

特に、振袖や帯、小物、訪問着などはしっかりと価値を見出して貰う為にも、知識の豊富なスタッフが在籍している着物専門買取店を選ぶのが賢い選択と言えるでしょう。

 

対して、売ったとしても10万円以下の値段しか付かないであろう着物を売る場合は、売却までの利便性が高い宅配買取や出張買取を利用されることをおすすめします。

 

事情があって中々家を空けられない方、時間がなくて忙しい方やお店まで持って行くのが困難である方もこの方法が適していると思われます。

 

着物を高く売る方法は色々ありますが、売る着物や自分が何を求めているのかによって売り方を考えてみるといいかもしれませんね。

 


着物買取で損をしないために

着物を売るときに損をしないためには比較査定をすることが最も大切です。

 

店頭買取、宅配買取、出張買取のいずれの方法でも、なるべくまとめて見積もりをお願いすることで高額買取に繋がる可能性が高くなります。

 

特に宅配買取や出張買取には配送料や人件費などお店側のコストがかかっているので、その金額分も考慮されて買取金額が算出されています。
お店側は1回の見積もりで複数の着物をまとめて買い取ることが出来ればコスト削減にも繋がって利益も大きくなるため、一着だけ見積もりに出す場合と比べてみると、当然買取金額は高くなるというわけです。

 

着物買取で損をしない方法として、比較査定することはもちろんなのですが、それに加えて「売り方を選ぶ」というのがとても大事だと思います。

 

着物の価値を見出して本当に正しく査定できるのは、やはり専門家ではないと難しいようです。
着物というのは骨董品の鑑定と似ていて、単に古くても新しくても良いというわけでもありません。
独特の価値基準があるので、素人では中々その判断が難しいと言われています。
ですので着物を売るなら、きちんと着物に対する専門知識があるところに売るのが一番いいと思います。

 

着物を売るのにオークションやフリマアプリはおすすめしません

最近はオークションやフリマアプリなどが流行していて、出品などの手間はかかりますが高く売れると評判になっています。

 

ですが、着物に関してはオークションやフリマアプリで売るという方法はあまりおすすめ出来ません。
なぜなら、出品する側も購入する側も、その着物の本当の価値を分かっていなければ適正な金額での取引が出来ないからです。
知識がある方なら問題ないのかもしれませんが、素人に買取をされると大損する可能性も高いので、リスクは大きいと思われます。

 

同じ理由でリサイクルショップもあまりおすすめ出来ません。
着物の知識がある専門家がいるリサイクルショップであれば良いと思うのですが、リサイクルショップは色々な物を扱っているところが多いので、あまり期待できないと思います。

 

ですので、やはり着物買取で損をしない方法を考えるなら着物買取専門店で売るのがベストだと思われます。

 

最近はインターネットで出張買取や宅配買取も出来るところが人気のようです。
家に居ながら専門知識のある人が査定をしてくれるので、大変な思いをしてわざわざお店まで行く必要がないのがいいですよね。
費用もかからず全て無料でやってくれるところが殆どですので、無駄なコストがかかりません。

 

恐らくどこの業者に出そうか迷ってしまうと思いますが、安心感で選びたいならテレビCMもやっている大手の業者を選ぶのが良いかと思います。
古い着物やシミありの着物を買い取って貰いたいという時にはそういった買取にも対応している業者を選びましょう。
少しでも高く売りたいなら買取実績がきちんとしている業者を選ぶなど、着物買取専門業者にもそれぞれの特徴がありますのでご自分のニーズに合わせて選ばれるのがいいと思います。

 

また、インターネットの口コミなどもとても参考になるので、チェックしてみるのも良いでしょう。

 

着物の相場をあらかじめ押さえておきましょう

着物買取で損をしない方法で必要なこととしては、売りたい着物の相場を確かめる必要もあります。

 

こちらも無知な状態だと、相場より遥かに安い金額を提示されてもそれが分からずに受け入れてしまうこともあるからです。
着物には種類ごとに相場というものがあって、振袖や留袖以外に訪問着など種類ごとに分けられています。
着物は帯なども人気のメーカーやデザイナーであれば高く買い取って貰える傾向があるようです。

 

着物にも流行があります。
着物買取で損をしない方法で必要なのは、その流行を知っておくことも大事です。
やはり流行のデザインは高く買い取って貰える傾向にありますし、次に新しい着物を買い換える際にもその知識が役に立ちますね。

 

また、着物は結城紬、大島紬、型友禅など有名作家のものであれば買取額が高くなる傾向があります。
ですが、化学繊維のものや傷みや汚れが目立って防虫されていないと売れない場合もあります。
着物は日頃から保管状態に気をつけて綺麗な状態を保つようにしましょう。

 

 

どんな着物でも買取してもらえる?

着物を売るなら種類や素材などによって、大まかな買取相場が設けられています。
実際にその着物を見てみないことには具体的な買取金額というものは分からないようです。

 

ただし、買取に出すお店選びもしっかり検討されることをおすすめします。
着物以外にも様々なアイテムの買取を行っているようなリサイクルショップなどに出すと二束三文だったけれど、着物買取専門店に出してみたら、実は人気の品で想像以上の金額で買い取って貰ったということもあるようです。

 

着物を売るなら種類などを把握しておいて、ある程度自分でも知識をつけてから査定に出すのが良いかもしれません。
着物専門店ならプロがきちんとした査定をしてくれるので安心ですが、こちら側もある程度の知識を持っていれば常識の範囲内で交渉も出来るかと思いますし、比較査定を行う上でも何かと役に立つと思われます。

 

高い着物から気軽に着れる着物まで幅広く査定してもらえます

 

着物のお値段は本当にピンキリであり、相場もかなり幅広いものです。
では、安い着物は買い取ってもらえないのかという疑問が出てきますが、そんなことはないようです。
実際に着物買取業者のホームページなどで公開されている着物の買取実績を見てみると、比較的安めの着物も買取をしてもらえるようです。
ただ、やはり査定金額も安いようですが^^;

 

着物には高価な正装用のものから、気軽に着れる普段着用の着物まで様々な種類があります。
素材も絹100%の正絹の着物から絹の代替として作られた化繊やウールの着物などもあります。
種類も、振袖、留袖、訪問着、付け下げ、色無地、小紋、お召し、絞り、絣、紬、江戸小紋、上布、銘仙、更紗、喪服、浴衣、羽織、袴、打掛、友禅、帯や和装小物など、まだまだたくさんあります。
これだけ細かく色々ありますので、やはりプロじゃないと本当に正しい査定をすることは中々難しいのかなと思います。
ちなみに私は「振袖」と「留袖」は分かるけれど「訪問着」と「付け下げ」の違いがよく分かっていません・・・^^;

 

もちろん自分で購入した着物であれば把握しているとは思いますが、いつの間にか証紙を紛失してしまい、価値が分からなくなってしまったということもありますね。
特に良い着物だと代々受け継がれるということがあるかと思います。
大切な着物はしっかりと正しい価値を見出して貰った上で買取をお願いしたいですよね。

 

着物の査定は高度な専門知識が求められますし、正しい価値を見出すためには経験を積んでいるプロじゃないと難しいと言われています。
出来ればリサイクルショップのようなところではなく、着物の買取に特化した専門店に出されるのがベストだと思います。
お店まで持って行くのが難しという方は宅配買取や出張買取をやっているところを選ぶと良いでしょう。

 

着物の種類、素材、その他の条件も査定額に関係しています

着物を売る際は種類や素材なども買取価格に影響してきますが、それだけではなく、更に保存状態や着丈、どこで作られたものか、人気のデザインかどうかなど、色々な条件も関係してきます。

 

特に全国各地で職人に受け継がれてきた伝統工芸品や、人間国宝に認定されている作家ものの着物は、通常の着物とは大きく異なる高値で買い取られるようです。
着物買取専門と聞くと、このような高値がつく着物しか買い取って貰えないようなイメージを抱いてしまうかもしれませんが、多少シミや汚れがあったり、無名作家の着物でも売ることが出来るようです。

 

買取の基準はその業者によって違いますが、証明書がないもの、柄や色が古い着物、仕立てる前の反物、紋付の着物、帯だけなども買取をしてくれるところがあります。
買取査定は無料でやってくれるところが殆どですので、無理かもしれないと思うような着物でも一度査定だけでも出してみるといいかもしれませんね。


着物買取は専門店とリサイクル店、どちらが高く買い取ってくれる?

着物を売る時に迷うのが、どこに売れば良いのか。
もう着ない洋服など古着を売るときには、リサイクルショップや古着屋が良いかと思いますが、着物を売るときにはあまりおすすめしません。

 

着物の高値買取を目指すなら、リサイクルショップよりも着物買取専門店に査定をお願いすることをおすすめします。

 

着物を売るのに専門店をおすすめする理由とは

着物を売るとなると、一番最初にリサイクルショップや古着屋などを思い浮かべる方も多いかもしれません。
確かにリサイクルショップや古着屋などは大体どの街にもあるので身近な存在ですし、特に着物はかさばるので近いほうが持って行きやすいので助かりますよね。

 

ただ、リサイクルショップや古着屋で着物の買取をしてくれるところでも着物買取で高値買取はまず期待できません

 

というのも、リサイクルショップや古着屋は着物だけに特化しているわけではなく、色々なアイテムの買取を行っています。
そのため着物に関する知識を有するスタッフがいるとは限らず、細かい査定をして貰うのは難しいので本来の価値が価格に反映されないことも珍しくありません。

 

どんなに素晴らしい着物であったとしても古着扱いで一枚数十円から数百円だったら、せっかく大変な思いをして持ち込みをしても結局は交通費のほうが高くついてしまって、一体何の為に行ったのかバカらしくなりますよね。

 

そういう事態を回避するためにも、きちんと着物の知識を持っていて、なおかつ経験も豊かなスタッフのいる着物買取専門店に査定をお願いするのが良いと思います。

 

最近は着物買取でも高値買取して貰いたいという方は多いので、このような着物買取専門店は増えつつあるようですね。

 

中でも、わざわざお店まで持って行かなくても、インターネットで申し込みをすれば無料で宅配キットを送ってくれて、それに売りたい品を詰めて送り返すだけでOKという宅配買取が出来るところが人気のようです。

 

査定に納得すればそのまま売却(後日、指定口座に振込してくれます。)、この金額じゃちょっと売りたくないな・・と思えば直ちにキャンセルして返却して貰うことも可能です。

 

宅配買取よりも、直接コミュニケーションを取りながら目の前で査定をして貰いたいという方は店頭買取も良いと思います。
お店まで行くのは面倒だから家まで来て欲しいという方は出張買取などもやっているところがありますので、お好きな方法を選ばれると良いかと思います。

 

いずれにしても、出張費や送料、キャンセル時の料金や振込手数料など、コストが一切かからない着物買取専門店を選ばれるのが安心ですね。

 

着物買取専門店の選び方について

おすすめなのはインターネットやCMで大々的に広告展開している大手の着物買取専門店です。

 

大手の着物買取専門店なら宅配買取、出張買取、店頭買取とすべてに対応しているところが多いので都合がいい買取方法を選びやすいのが特徴です。

 

そのようなところはコストも一切かからないシステムになっていることが多いので特に着物買取を初めてお願いする方には安心感があると思います。
着物買取も高値買取が期待できるということが口コミなどから分かっています。

 

というのも、広告費をしっかりとかけられるということはお店の営業状態も良く、そういったお店は全国に需要があるので、より多くの着物を集めるために買取の価格も他店に負けないような高値で買取をしてくれるようです。

 

また、大手ならではの、しっかりとした査定のマニュアルがあったり、定期的に勉強会などを開いて査定員のスキル向上の努力をしているので信頼感もあり、結果的に満足のいく取引に繋がりやすいです。

 

ですので、どこの着物買取専門店にしようかなと迷ったら、まずは大手の会社を1つ以上選んでみてはいかがでしょうか。

 

さらに高値を目指すなら複数のところに査定をお願いするべき

着物を売る前に読むサイト 着物売る.com

着物買取で高値買取を目指すなら一つの着物買取専門店だけではなく、複数のところに査定をお願いするのがおすすめです。

 

着物買取専門店にも色々あって、買取基準は様々なので、同じ着物でも多少価格にばバラつきがあります。

 

大体どこの着物買取専門店でもキャンセルは自由に出来るので、着物買取で高値買取を目指すなら、複数のところに査定依頼をしてみて一番高い査定額を提示してくれたところに売るという比較査定をされるのが一番いいと思います。

 

着物買取専門店では多少の汚れやシミがあるものや、証明書がないもの、柄や色が古い着物、仕立てる前の反物、紋付の着物、帯だけなども買取をしてくれるところもあります。
ですが、中にはポリエステルやウールの着物を買取不可としていたり、小物類は買い取らないというお店もあったりするようですので、査定を依頼する前に確認しておくといいと思います。

 

買取価格については着物の質や状態にもよりますが、数千円から状態が良くて価値の高いものは数十万円にもなることがあるようです。

 

さらに証紙の付いている希少なものや、有名作家の着物買取は高値買取が期待出来そうです。

 

着物買取専門店では一点一点、スタッフが丁寧に査定をしてくれるので、きちんとその着物にふさわしい価格で買い取ってくれますので、リサイクルショップや古着屋のように、ただの布切れ扱いされるということはまずありません。

 

着物買取で高値買取を望まれるなら是非、着物買取専門店へ出されることをおすすめいたします。

 

 

 

 

 

 

着物を売るなら持ち込み、宅配買取、出張買取どれが良い?

着物を売る方法には持ち込み買取、宅配買取、出張買取があります。
それぞれメリットやデメリットがありますので、自分に合う方法を選ばれると良いかと思います。

 

着物の持ち込み買取

着物を売る前に読むサイト 着物売る.com

着物買取店に自分で持って行って査定して貰うという一番シンプルな方法です。

 

大手の着物を専門とした買取ショップのほか、個人経営の古物商や呉服店が古い着物を扱っていることもあります。
また、リサイクルショップや古着屋でも取り扱いをしているところもあります。
持ち込み先によって異なりますが、基本的に予約が必要なところが多いようですので事前に確認してみましょう。

 

メリット

・目の前で査定してくれるので安心感がある
・直接コミュニケーションが取れるので納得がいく取引をすることが出来る
・交渉が成立すれば、その場ですぐに現金払いして貰える

 

デメリット

・お店まで行かないといけないので、時間を作らなくてはいけない
・場合によってはガソリン代やバス代など交通費がかかる
・着物はかさばるので、特にたくさん持って行くとなると重たくて大変な思いをすることになる

 

着物の宅配買取

着物を売る前に読むサイト 着物売る.com

多くの着物買取専門店では、インターネットから簡単に申し込みができる「宅配買取」を実施しています。
着物査定の申込を公式サイトから行うと、、専用の宅配キットを送ってくれます。

 

宅配キットの中身は段ボール、ガムテープ、発送伝票、依頼者記入用紙、集荷用電話番号一覧表などが入っています。
段ボールに売りたい着物を入れて返送するだけでOKです。
集荷の予約をしておけば、家から一歩も出ずに着物買取を完結させることが可能です。
自分のペースでスキマ時間にサクッと出来ますね。

 

万が一、査定額に不満な場合はキャンセルということで返送もしてくれます。
しかも多くの業者で、宅配キットの配送料が無料というサービスを行っています。
交通費をかけてリサイクルショップなどに持ち込むより、時間も金銭的な面でも嬉しいですね。

 

メリット

・全国どこでも着物を売ることが出来る
・持ち込みのように交通費などのコストが一切かからない
・持ち込みのように持って行く手間がかからない

 

デメリット

・持ち込みに比べると査定が完了するまでに時間がかかる
・その場で査定の様子を見られないので、自分の着物がどのように扱われているのか分からない

 

着物の出張買取

着物を売る前に読むサイト 着物売る.com

インターネットや電話などで申し込みをすると査定士が自宅まで来てくれるのが「出張買取」です。
出張買取では、その場で着物の査定をして貰えます。

 

査定士が訪問する時間帯は各業者によって様々ですが、基本的にはこちらの都合に合わせてくれます。
大手の着物買取専門店では最短で30分で来てくれるというところもあります。

 

持ち込み査定と同様に、査定員と顔を合わせながら話を進めていくことができるので、納得のいく買取が成立しやすい方法ですね。

 

メリット

・持ち込みのようにお店まで行かなくていいので時間がかからない
・宅配買取のように自分で着物を箱に詰める作業が不要
・目の前で査定をしてくれるので安心感があり、直接コミュニケーションが取れるので納得がいく取引をすることが出来る
・交渉が成立すれば、その場ですぐに現金払いして貰える

 

デメリット

・対応不可の地域だと出張して貰えない
・出張買取は条件があるところが多い。(○点以上のアイテムなど)

 

着物を売る方法には以上の3つがあります。
それぞれに良い点、悪い点がありますので、ご自身の状況にあった方法を選んでみてくださいね。